江南市議会議員・山としひろのオフィシャルウェブサイトです

山としひろOfficialWebSite

政策

政策特集~いのち輝く江南をつくる~

◎子どもへの全ての暴力をなくします

子どもは人格を有する存在であって、ひとりの人間として尊重されるべきです。しかし、現実に目を向けると、子どもが心身ともに傷つけられています。
児童相談所が児童虐待の相談や通報を受けて対応した件数は、2017年度、過去最悪の約13万4千件(10年前の3.3倍)に上り、心理的虐待がその半数を占めました。また、江南市が児童虐待で対応した件数も80件ありました。
さらに、全国のスクールカウンセラーが年間約4,500件の性暴力を把握しています。
こうした状況は氷山の一角との指摘があり、実態はもっと深刻です。
私ははっきりと宣言します。子どもへの暴力は一切認許しません!
子どもをあらゆる暴力から守り、子どもが輝く社会を作るのは、私たちの責任です。
子どもにやさしい社会を地域からつくります。

  • 国連「子どもの権利条約」の趣旨に沿って、「(仮称)子どもの権利条例」を制定します。
  • 子どもの相談・救済機関となる「子どものオンブズパーソン」制度をつくります。
  • 行政に子どもが情報提供や意見表明する機会を設け、子どもの意見を行政に反映する仕組みをつくります。
  • スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーを増員するとともに、常勤化をめざします。
  • スクールカウンセラーと性暴力被害者のためのワンストップ支援センター、児童相談所との連携を強化します。
  • 学校でのリーフレットの配布やSNSを通じて、相談窓口の周知徹底を図ります。

◎子どもの貧困をなくします

  • 家計が苦しく塾や習い事に通えない子どもを対象に、無料の学習支援を実施します。
  • 学校給食費や教材費等の保護者負担を軽減します。
  • 就学援助制度の対象者をしっかり捕捉します。クラブ活動費等も支給対象に追加します。
  • フードバングや地域の有志と連携し、学校での朝食の提供を検討します。子ども食堂の設置・運営を支援します。
  • 離婚後の子どもの養育支援として、養育費の支払いや面会交流の履行を後押しするため、窓口での情報提供を強化します。

◎多様な生き方を尊重する街をつくります

  • LGBT(性的マイノリティ)のカップルの意思を尊重し、公的なパートナーとして承認し証明書を交付する「パートナーシップ制度」を導入します。
  • ひとり親家庭、ステップファミリー(子連れ再婚家庭)、10代の親等、様々な悩みを抱える家庭に対する支援体制を、当事者団体と連携して整備します。
  • 様々な事情で家族と一緒に暮らせない子どもが、江南市に約20人います。児童養護施設ではなく、家庭的な環境で生活できるよう、「里親制度」を推進します。里親になりたいと考える人への相談会を開催します。
  • 自殺予防対策をさらに強化し、困っている人をひとりにしません。
  • 若者の問題は、もはや若者だけの問題ではなく、社会構造の問題として捉える必要があります。「中年フリーター」「ロスジェネ世代」への支援策を検討します。

◎ハコモノを減らします

  • 「公共施設再配置計画」を絵に描いた餅にしないよう、保育園の統廃合を進めます。
  • 将来的な学区の再編や小学校の統廃合を、今のうちから真剣に検討します。

更新日:

Scroll Up

Copyright© 山としひろOfficialWebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.